NEST

広島県ゲストハウスオーナー会議(?)に参加してきました

ども、しおみです。

先日、広島県主催のインバウンドセミナーに行ってきました。

集まっていたのは、県内のゲストハウスオーナーさんたち。

ゲストハウス業界のこととか、インバウンドのこととか

というか、結局自分たちがやりたいことがなんなのかとか

たくさん話してきたので、感じたことを忘れないうちにメモしておこうと思います。

インバウンドセミナー

そもそもきっかけは、大崎上島のゲストハウス「木江宿 庭火」のオーナー

まっつんからの電話。

「ゲストハウスのオーナーが集まるんだけどこない?」って。

どんな会かを、いろいろ説明してくれたんだけど、いかんせんよくわからない(苦笑)

電話での説明で情報が多いと、頭の中で勝手にカットしてしまう癖があるので…

(うんうんって返事しながらあまり理解できてなかったりする)

 

とにかくわかったことは

・ゲストハウスオーナーが集まる

・交流会でいろいろ話せる

・まっつんはいい人

 

「わかった!じゃあ参加の方向で!」

と、二つ返事で参加することにしたのです。

インバウンドセミナーの内容

広島県主催なので、どこまでブログに載せていいのかわからないけど…

こんな感じで、結構人が多くてびっくり。

(やましい集まりじゃないので、加工しなくていいはず…)

参加者は、ほとんどが紹介というか、口コミだけらしいので、数人だと思ってました。

が、実際は20人くらいいたのかな?たぶん。

同じ業界の人たちが集まって、情報交換したり、協力しあえてる環境が、すでにある

というのが、素晴らしいなと。ちょっぴり感動。

このスライドは印象深かったので、写真撮ってしまいました。

というのも、ゲストハウス=オーナーの魅力

って構図があって、その通りだなと思うわけです。

(そういうゲストハウスが多いという話)

決して、旅館やホテルのように優れた設備ではないし、かといって安いだけの宿というのも違う。

 

でも、逆に言うと、オーナーが不在だと成り立たないわけですよ。

これが、僕的にはすごく違和感を感じてるとこ。

そのあたりを解決したくて、考察してみました。

そもそもゲストハウスをやってる理由

僕は、一応ゲストハウスのオーナーをやってるんだけど、決してゲストハウスをやるのが夢だったとかではありません。

むしろ、人見知りなので、接客業はあまり得意でない。。。苦笑

なのに、ゲストハウスをやってる理由は、「生活するように旅をする」ため。

 

詳しくは、こちらの記事で。

ストーリー 「生活するように旅をする」 僕たち夫婦は、2017年に幼い息子を連れて世界一周の旅に出ました。 目的は、海外移住。実際に1週間〜...

 

自分たちが旅をするときに、日常と同じ感覚でありたい。

というか、旅に行った時に、我慢したくないなと。

たとえば、

  • Wi-Fiがない
  • 化粧水がない
  • 毎日外食しかできない
  • おむつ捨てるとこない

とか。細かいんだけど、旅に行った時に、日常以下になるというのが一般的。

しかし、そのせいで旅に出ること自体が億劫になっている。

この旅=億劫を払拭したい!

 

極端に言えば、電車で隣の駅に行くくらいの感覚で海外に行きたい。

隣駅に行くのに、いちいちスーツケースにシャンプーとかつめないでしょ。

って感覚で、旅を日常にしたいのです。

 

で、話を戻して、なぜゲストハウスをやってるか?

それは、自分たちが帰ってくる場所ですね。

アジト?みたいな。1個の拠点です。

ずーっといるわけではないんだけど、たまに帰ってきたときに、不自由なく暮らせる。

そこに、我慢のない日常がある。

かつ、「帰ってきたい!」と思える場所であってほしいのです。

これがゲストハウスを始めた理由であり、ゲストハウスNESTに込めた想いでもあるのです。

「ゲストハウスの魅力=オーナーの魅力」でいいのか?

だから、この構図にすると、困る。

ずーっと、ゲストハウスにいないといけない!苦笑

とてもありがたいことだし、嬉しいことなんですけどね。

でも、困るわけですよ。

 

なので、僕は考えました。

 

めっちゃ考えました。

 

寝る間も惜しんで。

 

で、出た結論はこうです。

ゲストハウスNESTの魅力

 

ゲストハウスNESTの魅力=NESTコミュニティーの魅力

です。

 

僕がいなくても、僕以上に魅力があるスタッフや仲間たちがいます。

彼らと共に作る「コミュニティー」

ここにゲストハウスNESTの魅力があるんじゃないかと。

 

具体的にどんなコミュニティーかというと、まだ明確にコミュニティーがあるわけではないですが。

これから作ります。

というか、ちょっとずつできてるっていうのが正しいかな?

(作ろうと思って作れるものでもないし)

 

「旅=日常」がテーマで

会社員という働き方より、自立した働き方

ワタリドリのようなライフスタイル

 

を得るために、日々葛藤したり

高めあったりしています。

だから、ここにいる仲間たちと会うと元気が出るし、エネルギーをもらえるわけですね。

もちろん、自分自身もコミュニティーの成長のために力を尽くす。

そうやって、「共に成長する」をテーマにコミュニティーができてきてるので

NESTにきた人にはぜひ触れて欲しいなと思うわけです。

ゲストハウスNESTが目指すゴール

というわけで、僕たちが今力を入れている活動は、コミュニティー作りです。

風通しの良い、流動的なコミュニティーになったらいいなと。

かつ、そこでは多くのことを学べて、成長できる場所にできたらいいなと思っています。

 

あわせて、「生活するように旅をする」のテーマに沿った

設備やアメニティーの充実を強化しているところです。

 

「フラッと手ぶらで行ってもOK」(なのに生活を削らない、我慢しない)

を目指して、サービスを提供できたらいいなと思っています。

※早ければ2月中には、ある程度実装できるよう動いています

 

まあ、まだまだやることたくさんで、発展途上のゲストハウスなんですが

楽しんで作っていきたいと思います。

ゲストハウスNESTが成長していく過程を、

  • 優しい目で見守っても良いよ
  • 一緒に楽しめるよ

という方は、ぜひ一度遊びにきてくださいね。

ABOUT ME
しおみ
尾道(瀬戸田)出身。2児のパパ。 大阪で働くが、都会暮らしに嫌気が差して、31歳の時に家族で世界一周。 半年の旅を経て、世界で気に入った場所に生活拠点を作ることを決意。 その第1弾として、ゲストハウスNESTを地元である生口島にオープン。 海外旅行、BBQ、サッカーが好き。