ヘルパーとして生口島で働きませんか?

ヘルパーとは?

ゲストハウス特有の雇用形態です。

住み込みスタッフとしてゲストハウスでお手伝いをしていただきます。

給料は発生しない代わりに、食事や住む場所を提供するという形です。

※採用には面談があります

ヘルパーの条件

ヘルパーとしてお手伝いいただける場合、以下の条件で働けます。

ヘルパーはこんなものが得られます

  • ゲストハウスの運営スキル
  • 島民とのつながり
  • 起業準備の時間
  • 起業についてのアドバイス
  • 地域活性化体験

こんな人におすすめ

  • 将来起業したい
  • 自分のビジネスを持ちたい
  • 地域おこしに興味がある
  • ゲストハウス運営ノウハウを身につけたい
  • 田舎で働きたい

NESTが提供できるもの

  • 住居の提供

寝床の提供だけでなく、光熱費、ネット代もかからず、生活していただいてOKです。

※ヘルパーが複数人いる場合は、ルームシェアになる場合があります。

※男女が同じ部屋になることはないので、ご安心ください。

  • 職の紹介

オーナーのつながりで、島内の季節アルバイトを紹介します。

基本的に若い労働力は、常に求められているので、お小遣い稼ぎは可能です。

  • 食事の提供

生活に困ることがないように、基本的には3食提供します。

しかし、食事として提供できない場合は、1日1,500円(1食500円計算)を支給させていただいています。

※食事の提供は、基本的にお手伝いがある日のみです(ただし、週5お手伝いの場合は、週7で食事提供します)

お仕事内容

最低週3日〜最大週6日程度、以下のお仕事をお手伝いしてもらいます。

  • ゲストハウスの清掃
  • チェックイン&チェックアウトの接客
  • 事務作業
  • 施設のリノベーション作業 など

お手伝い日数は、相談して決めましょう。

季節バイトをがっつりやりたい!という場合は、その意見を尊重しますし、たくさん(週5〜6)お手伝いをしてもらえる場合は、お仕事を用意します。

もちろん、起業準備の時間も確保してもらうことができるように配慮します。

ただし、最低週3日はお手伝いしてもらいたいので、ご協力いただけると嬉しいです。

さいごに

ゲストハウスNESTでヘルパー制度を作ったのは、「将来起業したい」という方を応援したいという想いからです。

今、地域活性に携わらせていただいていることもあり、若者の起業はキーポイントになっていると感じています。

僕自身、27歳のときに初めて起業に向けて走り出し、たくさんの失敗をしてきました。

ぜひ、起業を目指すヘルパーの方に、その経験をお伝えできたらと思っています。

ぜひ、ゲストハウスNESTで、事業運営に関わってたくさんのことを学んでもらえたら嬉しく思います。

なので、基本的には、起業準備や運営について学びたいという方を優先的に受け入れています。

ヘルパーとしてではなく、単に長期滞在したい場合は、通常ご宿泊するよりお得な長期滞在プランがおすすめです。

では、あなたからの熱いメッセージをお待ちしております。

お問い合わせはこちら