オーナーの気持ち

ゲストハウスNESTの新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について

ども、しおみです!

Go toトラベルキャンペーンがはじまりますが、
当宿の感染症拡大防止対策について、こちらの記事でシェアしておきますね。

当宿のGo toトラベルキャンペーンの関わり方については
こちらの記事を参考にしてください。

[重要]ゲストハウスNESTは『Go toトラベル事業』に参加しませんども、しおみです! Go toトラベルが始まりますね! 観光庁からの詳細を待っていたのでお知らせが遅くなってしまいましたが、...

ゲストハウスNESTの宿泊最大人数

宿泊時に、どれくらいの人数の方と接触する可能性があるのか?

が気になると思いますので、改めて記載しておきます。

当宿は、最大4部屋です。(すべて個室)

最大人数は15人です。

  • 3人部屋(room A)
  • 2人部屋(room B)
  • 6人部屋(room C)
  • 4人部屋(room D)

があります。

ゲストハウスNESTで他ゲストと接触する場面

小さな宿とはいえ、他のゲストと接触する可能性はもちろんあります。

共有スペース

当宿には、共有スペース(リビングのような部屋)があります。

普段は、フリードリンクを提供していたり、ゲスト同士の交流の場として利用されています。

しかし、宿泊ゲストは誰でも利用できるので、複数のゲストが関わる可能性があります。

正直、対策について悩みましたが、終日窓を開けっ放しにするということにします。

(すべてのゲストは利用可能です)

なので、「感染が怖い」「他のゲストと関わりたくない」という場合は、シェアスペースはご利用しないことをお勧めします。

トイレ・シャワールーム

これらも共用です。

チェックイン、チェックアウトの時間はゲストによってバラバラなので、
利用時間や人数制限は正直難しいです。

他のゲストと譲り合いながら利用してもらう他ありません。

こういった共有スペースでの接触が気になる場合は、当宿のようなゲストハウスに宿泊することはおすすめできません。

ご理解いただけたらと思います。

廊下

廊下などで他のゲストとすれ違う可能性はあります。

ゲストの方には、感染拡大防止について協力していただけると助かります。

しかし、お部屋以外では常に全員がマスクをしているか?といえば、
そうではない場合ももちろんあると思います。

ゲストハウスは、共用スペースが多いので、他のゲストとすれ違う可能性がある

ということは、ご理解の上、ご宿泊いただけたらと思います。

他県からのゲスト

当然、他県からのゲストはいます。

感染者が増えている地域から来られる場合も、もちろんあるかと思います。

◯県から来ているから、宿泊拒否ということは
当宿では実施していませんのでご了承ください。

ゲストハウスNESTの感染症対策

感染症対策について、様々な意見があると思いますが、当宿の対策は以下の通りです。

  • チェックイン時の手指消毒
  • シェアスペースの手指消毒
  • トイレにペーパータオル設置

など、最低限の感染拡大防止策は実施していますが、
これで完全に防げるというものを保証するものではありません。

ゲストハウスという性質上、ゲストの協力もあって成り立っているものです。

ご宿泊の際は、政府や自治体が推奨する感染拡大防止策を、ご協力いただけますと幸いです。

まとめ

  • 感染拡大防止策は最低限
  • ゲストの協力が不可欠
  • ご理解いただけない場合は、ゲストハウスではなく旅館やホテルを推奨

みなさんが快適に過ごせるように全力を尽くしたいと思います!

なにか不安な点などあれば、お気軽にご意見、ご質問いただけたらと思います!

では!

ABOUT ME
しおみ
[名前]畑中紫臣(しおみ) [特徴]オーナー夫婦のかたわれ。マーケティングコンサルタント。2017年には0歳の長男を連れて世界一周に。「生活するように旅をする」をテーマに、自身や仲間たちのライフスタイルに変化を与えることが生きがい。 [好きなこと]海外サッカー観戦 [経歴]瀬戸田出身→北海道大院卒→会社員→コンサルタント&ゲストハウス経営