生口島へアクセス

生口島にフェリー(船)で三原からアクセスする2つの方法

こんにちは!

NESTのししガールしょうこです。

さて、今日は、「生口島にフェリー(船)で三原からアクセスする方法」を紹介します。

三原から、フェリーで生口島に行きたい!という方に向けた記事です。




>>島宿NESTのご予約はこちら

↑島暮らしファンが急増中

生口島におけるフェリーと高速船の違い

まず、生口島においての「フェリー」と「高速船」の違いを説明します。

頭に入れておくと、他の情報などを見てもわかりやすいと思ったので、紹介しておきますね。

現地においては「フェリー」とは、車を乗せることができる船を指します。

人や自転車だけを乗せる船は「高速船」と呼ばれる船です。

しかし、当サイトにおいては、区別することなく説明することが多いので、

基本的には「フェリー」と「高速船」を総称して「フェリー」と紹介していきますね。

生口島にフェリーで三原からアクセスする方法① 三原港→瀬戸田港

三原港の基本情報

三原港はJR三原駅から徒歩5分の場所にあります。

駅から地下を通る道と、地上で商店街を通る道、いずれかで三原港まで歩いて行きます。

三原港には待合室があります。案内人の方も大体はいらっしゃいますので安心です。

切符は待合室にある自動券売機で買っておきましょう。

時間になると、待合室に「瀬戸田行きの船が間もなく到着しま〜す」と放送がかかるので、待合室でゆっくり待っていても大丈夫。

放送がかかったら、乗船場におり、船に乗るだけです!

料金:大人840円/子ども420円

所要時間:30分

三原港からの時刻表:尾道市港湾振興課HP(三原港発着船が全て網羅できます)

土生商船時刻表マルト汽船時刻表(こちらは三原港に汽船する2船、それぞれの時刻表です)

※どちらに乗っても、生口島(瀬戸田)に到着できます

三原港の地図

瀬戸田港の基本情報

生口島の観光スポット、しおまち商店街近くにあるので、そこから歩いて観光や食事ができます。

レンタサイクルができる観光案内所も徒歩7分の距離にあります。

また、タクシーも近くに停まっているので、離れた場所に行くこともできます。

瀬戸田港の地図

瀬戸田港船着場の写真


>>島宿NESTのご予約はこちら

↑島暮らしファンが急増中

生口島にフェリーで三原からアクセスする方法② 須波港→沢港

須波港から生口島へフェリーでアクセスする方法は、別記事で紹介しています。

須波港(三原)から生口島へ車ごとフェリーでアクセスする方法こんにちは! NESTのししガールしょうこです。 さて、今日は、「須波港から生口島へフェリーでアクセスする方法」を紹介します...

須波港の基本情報

三原や尾道がある本州から、車ごとフェリーで生口島へ行くなら、須波港からの乗船です。

須波港は三原駅付近からは車で12分、尾道からは車で30分の距離にあります。

須波港からフェリーに乗ると生口島の沢港に着きます。

料金:1,050円/〜車長3m

所要時間:20分

須波港からの時刻表:土生商船グループHP

須波港地図

沢港の基本情報

瀬戸田の中で、三原からの船が到着する港です。

瀬戸田港と同じフェリー(高速船)が始発と終船以外に寄る場所でもあるのですが、待合室が簡素なことや無人ということから、慣れない人は車ごと乗船できるフェリーの発着港という認識で良いと思います。

沢港の地図

生口島にフェリーで三原からアクセスする方法まとめ

生口島にフェリーで三原からアクセスする方法は2パターンです。

  • 自転車や徒歩で、三原港から瀬戸田港へ
  • 車で、須波港から沢港へ

船は、島っぽさが感じられる素敵な交通機関です。

島外から来られる人には普段乗り慣れない乗り物でもあるので、はじめは勝手が分からずどきどきするかもしれません。(私はしました笑)

しかし、乗組員さんは優しいですし、分からないことがあれば聞くと教えてくれるので大丈夫!

ぜひ船でのんびり”島旅”を体験してくださいね!

ABOUT ME
ししガール
[名前]長光祥子(ししガール) [特徴]瀬戸田のハンターに憧れて、大阪からIターン。普段は猪ハンティング、磯遊び、山歩きなどを楽しむ2児の母。「美味しいものを食べ続けること」を目標に日々活動している。 当サイトのコミュニティー「美食倶楽部」の部長をつとめる。 [好きなこと]料理/食べること [経歴]大阪出身→立命館大卒→会社員→Iターン→ししガール&カフェ経営