生口島の小さなお宿「島宿NEST」の公式WEBサイトはリニューアル&移設しました! ぜひクリックしてチェックしてみてくださいね!

生口島はアートの島!島中に点在する「島ごと美術館」の全アート作品をご紹介!

  • URLをコピーしました!
※本サイトはプロモーションを含みます

Warning: Undefined array key "file" in /home/shiomi/guesthouse-nest.com/public_html/wp-includes/media.php on line 1734

平山郁夫美術館をはじめ、アートの島としても有名な生口島。

アートの島と称される所以とも言える斬新な取り組みの1つが島ごと美術館です。

文字通り、島全体が大きな美術館となり、島内の各所にアート作品を展示するという驚きの企画です。

島全体だなんてそんな壮大な美術館は、全国…いえ、世界中を見てもとても珍しいですよね!

島ごと美術館で見ることが出来るアート作品は、全17作品。

美しい生口島の風景と現代アートの調和に思わず見惚れてしまう⁉

Contents

アート島・生口島の「島ごと美術館」って?

引用元:おのみちや(https://www.ononavi.jp/onomichiya/)

アート島として生口島が有名になったきっかけとも言える島ごと美術館。

島をまるごと美術館にしてしまおうという素晴らしいアイデアはどこからきたのでしょうか?

何が、きっかけで島ごと美術館が誕生したのかに迫ります。

島ごと美術館誕生のきっかけ

平成元年(1989)広島県は「’89海と島の博覧会・ひろしま」を全国的に開催しました。

県内の各市町村が個性的な工夫をして参加するなか、旧瀬戸田町がすでに推進していた「ベル・カントホール」の音楽文化の発信、大型人口海浜リゾート基地「サンセットビーチの建設に続く目玉イベントが「島ごと美術館」瀬戸田ビエンナーレでした。

こうして企画された島ごと美術館。

イベントに来場した方も島全体が現代アートを展示する美術館になっているなんて、きっと驚かれたことでしょう。

ちなみに、ビエンナーレとは、2年ごとに開催される美術館という意味なのだそう。

島ごと美術館のおかげで2年に1度ではなく、いつでもアートを楽しむことができますね。

「島ごと美術館」事業の構想

島をまるごと美術館に見立ててしまおうというこの構想は、中原祐介(美術評論家)、酒井忠泰(神奈川県立近代美術館副館長:当時)、米倉守(美術評論家)によってつくられました。

現代彫刻で活躍している作家を選ぶところからはじまり、彫刻家本人が設置場所を選び、その風景からインスピレーションを受け作品を作るというオリジナリティが高いもので、文化性が大変高く評価されました。

平成4年(1992)には、国土交通省から地域の個性的なまちづくりの事業を評価する「手作り郷土賞」に選定されました。

平成19年(2008)には、「手作り郷土賞(大賞部門)」に選定されたことからも全国でもその独創性が評価されていることがわかりますね。

島ごと美術館の全アート作品・オブジェをご紹介!

引用元:おのみちや(https://www.ononavi.jp/onomichiya/)

島ごと美術館で見られる17もの素晴らしい作品。

全アート作品・オブジェを番号順に、作家名、タイトルをご紹介します。

島ごと美術館アート:岡本敦生/地殻

絶妙なバランスで立っているのでは?と感じさせられる作品です。もしかしたら、本物の地殻もそうなのかも?と思わされる作品です。

 島ごと美術館アート:崔 在銀/地上と地下の間で

地上にある透明なボックス…その下には、一体何があるのだろう?と考えさせられる作品です。

島ごと美術館アート:西野康造/風の中で(瀬戸田)

楽器にも見えるこの作品。瀬戸田の風の中で何を感じるか問いかけられている様です。

島ごと美術家アート:保田春彦/球を包む幕舎 

球体を包むように設置された幕舎に安心感を感じてしまう作品。

島ごと美術館アート:松永 真/千里眼”のぞいていよう、瀬戸田から世界が見える。”

 一見双眼鏡の様なこの作品。遠くまで良く見えそうですね。

島ごと美術館アート:新宮 晋/波の翼 

海に向かって今にも飛んでいきそうなこの作品。どこまでも飛んでいける気がしてしまいます。

島ごと美術館アート:宮脇愛子/うつろひ 

時のうつろいを感じさせる様なこの作品は見ているとノスタルジックな気持ちになってしまいます。

島ごと美術館アート:山口牧生/ねそべり石 

天気の良い日にねそべったらすごく気持ちよさそう。ついついねそべることを想像してしまいます。

島ごと美術館アート:眞板雅文/空へ

黄色いカップが連なったような作品。空へ向かっている様子はひときわ目を引きます。

島ごと美術館アート:植松奎二/凪のとき

赤いかたち/傾 ビビットな赤が目を引く作品です。お互いを支えあっている様ですよね。

島ごと美術館アート:海老塚耕一/空/海 

ちょうど空と海の間にあるこの作品は、波のゆらぎを感じさせます。

島ごと美術館アート:滑川公一/CATS DANCE 

猫が手を繋いで踊っている様なこの作品。見ていると心が躍りますね!

島ごと美術館アート:川上 喜三郎/ベルべデールせとだ 

海の中にある作品です。大きな円をくぐってみたい衝動に駆られます。

島ごと美術館アート:青木野枝/塩池 

この作品があることで感じる神聖な雰囲気に近寄りがたさすらかんじてしまいますね。

島ごと美術館アート:福岡道雄/飛石 

その名の通り中央辺りに飛石を飛んでいる人物が見てとれます。躍動感が伝わってくる作品ですね。

島ごと美術館アート:田中信太郎/一羽の鳥の為に 

本当に一羽の鳥の為に作られたのでは?と感じさせられる特別感のある作品です。

島ごと美術館アート:山本正道/海からの贈り物 

海からのプレゼントとは何かを深く考えさせられる作品ですね。

タイトルだけを見てもどんな作品だろうと想像力をかきたてられてワクワクしますね。

1度自分で予想してみて実際の作品と比べてみても楽しいでしょう。

「島ごと美術館」生口島全体マップ

引用元:尾道市ホームページ(https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/)

17作品が生口島全体に点在している島ごと美術館。

福岡道雄/飛石は瀬戸田小学校の中庭に設置されており、見ることが難しいかもしれません。

アート作品を見たいと学校の方に伝えれば、見せてもらうことが可能ですが、曜日や授業時間等のタイミングで見ることが出来ない場合もあります。

「絶対に見たい!」という方は事前に連絡をしてから訪れるのをおススメします。

まとめ

海沿いを車で走っていると目に留まる色鮮やかなアートから、探さないと見つけられないものまで様々な17作品。

作家自身が場所を選んで作品を完成させたからか穏やかな生口島の風景に自然と溶け込んでいます。

地元の人のみならず、訪れた人すべての目を楽しませている現代アートの数々

歩くのも良し、自転車で周るのも良し、車で周るのもよし!

それぞれの方法でまた違った魅力を感じることができるアート作品達。

島ごと美術館という、壮大な美術館にあなたも訪れ、自然とアートの融合に触れ合ってみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents