スタッフの気持ち

田舎暮らしに向いていない人って?

 

苗字で地元の人か移住者かがわかります。

 

 

どーもりょうです。

 

島の人の苗字ってだいたい限られてくるんですよね。

 

聞き慣れない苗字であれば、

「あら、最近引っ越して来られたんですか?」となり、

地元の人であれば、

「ぁ、○○のところの息子さん??」

みたいな感じで、

苗字名乗っただけで、大まかな身元を特定していただけます。

 

 

瀬戸田の皆様は島内に限っていえば、

google並みの検索エンジンを備えているので、悪さは禁物です。

 

 

 

 

さて、今回は…

 

 

 

 

こんな人は田舎(島)暮らしに向いていない

 

田舎暮らしに向いていない人について、独断と偏見で書いていこうと思います。

ズバリ二つです。

 

 

 

田舎に過大な幻想を抱いている人

 

昨今、メディア等の影響でスポットを浴びるようになった都会⇒田舎への移住。

ただ、良いイメージばかり持っていると、

理想と現実のギャップがあったときに、簡単に心が折れます。

 

 

簡単に地元のコミュニティに入っていけるとは限らないし、

思ったより物価が安くないこともあるし、

畑をやりたいと思っている人にとっては、新規就農するのってけっこうハードル高いし…

挙げていけばキリがありません。

 

 

田舎には良いところもたくさんあります。

ただ、都会の人が夢見がちな田舎像は、現実と比べてかなり隔たりがあると思っています。

ネットやテレビだけのイメージにとらわれず、

フラットな視点で現実と向き合っていける人は、田舎暮らしにもフィットしやすいんじゃないかと思います。

 

 

 

“無いもの”に目がいく人

 

都会と比べて、田舎には“無いもの”がたくさんあります。

そこばかりに目がいっている人は、自分で可能性を狭めてしまっているようなもんです。

ポジティブ思考になれ、というわけではないのですが、

“あるもので満足できる”能力が高い人の方が、田舎暮らしをエンジョイできると思います。

 

 

また、

「無けりゃ自分で作ればいいじゃん」

的な思考を持っている人は最強です。

田舎で起業に向いていると思います。

一緒に仕事したいです。

 

 

マインクラフトやシムシティ(わからない人はすみません)が好きな人は、

地域おこしに向いていると勝手に思っています。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

 

結論、

良いところも悪いところもひっくるめて楽しめる人は、

田舎暮らしに向いているんじゃないかと思います。

ある程度、楽観主義な人の方が、地域に馴染んでいくスピードが早い気がします。

 

 

以上、独断と偏見で選ぶ田舎暮らしに向いていない人、でした!

それでは、また次回♪

ABOUT ME
りょう
広島出身。大学生のときにバックパッカーとして、50ヶ国を訪問。その後、バンコクにてゲストハウスを経営。現在は、生口島に滞在しながら、島暮らしを満喫中。