ブログ

壁に穴を空けたくない!受付カウンターの棚をDIYしたら、案外見た目もよかった話

小学生の頃の、将来の夢は「大工」でした。

ども、しおみです。

あれ、ある意味、夢叶ってんじゃね!?

 

ということで、にわか大工が

今日は、ちゃちゃっと棚をつくってみました!

コンクリート壁に穴を空けたくない。

その一心で棚を作ったんだけど、案外見た目もいいじゃない!

という話をしていきますね。




>>島宿NESTのご予約はこちら

↑島暮らしファンが急増中

コンクリート壁に穴を空けたくない

さて、今日は棚をここに作ります。

イメージしてください。

この建物は、相変わらずコンクリート壁。

なるべく穴を空けたくないのです…!

 

なぜ穴を空けたくないのかは、こちらの記事で。

瀬戸内海を眺望できる客室!窓際に備え付けテーブルをDIY春の訪れを、鼻水で感じます。 ども、しおみです! 昔から花粉症がひどく、春が来たらすぐにわかります(苦笑) さ...

 

穴を空けたくないので、まずは窓枠とドア枠を使って、下地を作ることに。

棚をつけるための下地です。

棚作りDIYの材料 〜下地編

まずは下地を作っていきます。

使うのは、1×4材。

左のドア枠から、右の窓枠までの長さでカット。

このまま貼ると、色に違和感があるので、色を合わせます。

使うのは、クレオパワー。

こいつがとにかく安い。

今回の使い方は、本来の使い方とは違うけど。苦笑

僕は、濃い茶色にしたいときも、使ってます。

 

ちなみに、知り合いの大工さん曰く、絶対使わない。とのこと。

安いけど、絶対使わない。

 

理由は聞いてもよくわからなかったけど、プロは使わないらしい。

という代物。

 

しかし、素人にはそんなの関係ないのです!

やっすいクレオパワーを使って、濃い茶色にするのです!

 

なんなら、ローラーも前回使って洗ったやーつ。

 

ぬりぬり

 

最初は、作業着を着ないでぬりぬりしてたら

クレオパワーが飛び散ってきました。

 

なので、この写真は、作業着に着替えたあとです。

ちなみに、クレオパワーは水性なので、洗濯したらキレイにとれました!

これがクレオパワーの良さでもあるのです!

(↑最初から作業着着とけw)

 



>>島宿NESTのご予約はこちら

↑島暮らしファンが急増中

棚作りDIYの下地を固定

ぬりぬりできたら、適当に放置。

乾いたら窓枠、ドア枠に打ち付けていきます。

 

使うのはスリムネジ。

1×4材の端っこの方に打っていくので、太いネジだと木が割れちゃいます。

なので、軸細のネジを使って固定。

さらに、念には念を入れて、下穴も空けてます。

 

位置決めして→下穴あけて→スリムネジをねじねじ

電気のスイッチが飛び出てるので、その上下が基準。

あいだを丸々スペースにすると気持ち悪いので、もう1本通したい。

が、右の窓枠から、左のドア枠まで届かないので(スイッチが邪魔)

下地の下地を固定。

そこに、下地となる1×4材を貼付け。

こんな感じ。

すると、この3本のあいだに隙間が。

あんまり隙間をあけるつもりはなかったけど、意外と悪くない。

つめつめにしていく予定だったけど、変更!

ここでできた隙間間隔を採用することに決定!

じゃじゃん。

いい感じですね。

当初の予定とは少し違うけど、DIYではその場で「いい」と思った方向に

一気に舵をとることもあるのです!

むしろこれが醍醐味だったりする。

角度を変えてみると、なかなかおしゃれに見える!

まだ下地の段階だけど、いい感じになってる。

棚作りDIYの材料 〜棚 本編

さて、ここからが本番ですね。

とは言っても、もう仕上がったも同然ですが。

 

できた下地に棚を付けていきましょう。

使った材料は、余ってた大きい棚板を切断したものと棚受け金具。

金具は安物なので、よくみると曲がってる…

レビューに書いてた通りだ!

でも、返品するのも面倒。

まいっか。

 

そのまま使うことに。



>>島宿NESTのご予約はこちら

↑島暮らしファンが急増中

棚作りDIY 棚の取り付け

てか、一人でつけるの無理じゃね?

と気がついたので、ヘルパー参上。

この人、島暮らしも半年を迎えて、ついに頭にヤシの木が生えてきました。

おそるべし、島暮らし。。。

 

水平器を使って、水平にしたところで、固定していきます。

短めのビスを使ってます。

おおー!

 

下から見ると・・・

おおおおー!!

 

悪くない!

見た目もウッディーな感じで、置くものに合わせたサイズの棚もついて

世界に1つだけの棚ができあがりました!

 

うーん、満足。

今日は、とりあえずここまで。

あとは、必要に応じて大小様々な棚を付けていく予定です。

 

あれ、ちょっと待てよ。

これ、内側にゲストが入ってくることはないから

誰にもみてもらえねぇ…!

 

書き終わって気がついた。完全に自己満でした。。。

この記事みた方で、宿泊の機会があれば

「受付カウンターの棚見せてください」

と言ってください!

おそらく、とても喜びます!

 

では!

ABOUT ME
しおみ
[名前]畑中紫臣(しおみ) [特徴]オーナー夫婦のかたわれ。マーケティングコンサルタント。2017年には0歳の長男を連れて世界一周に。「生活するように旅をする」をテーマに、自身や仲間たちのライフスタイルに変化を与えることが生きがい。 [好きなこと]海外サッカー観戦 [経歴]瀬戸田出身→北海道大院卒→会社員→コンサルタント&ゲストハウス経営