生口島美食倶楽部

[レモン50個使い切り!農家レシピ]レモンで保存食をつくろう!

生口島からこんにちは!

ししガールです!

さて、今回は、前回収穫したレモンを夏にも楽しめる、保存用のアレコレをつくっていきます!

レモン50個残さず使い切ろう!柑橘農家直伝レモンレシピまとめ生口島からこんにちは! ししガールで〜す^^ 何を隠そう、実は、ししガールは柑橘農家の嫁であり、 「生口島レモン仕事の...

レモンで保存食を作ろう!

レモンの旬、ご存知ですか?

「え?年中あるんちゃうの?」

 

いえいえ、レモンにも旬があります!

近頃は、生口島や高根島にもレモンのハウス栽培農家が増えてきて
夏にもレモンは出ていますが、

基本的に国産レモンの旬は冬です。

なので、夏の暑い時にさっぱりしたレモンが欲しくなりますが、
残念ながらなかなか手に入らない…

というのが、現状です。

そこで、是非レモンの旬(最終シーズンで3月いっぱいまで)に買い込んで、夏に向けて

レモン仕事=レモンを年中楽しむための仕込み

をしてください^^

レモン保存食レシピ① レモン砂糖漬け

「レモンといえば砂糖漬けしか知らないわ〜」という声をよく聞きます。

私は、十分だと思います!

輪切りにして蜂蜜や砂糖につけて
シロップで味わうことはもちろん、漬けることでレモン丸ごと簡単に食べられます

工夫次第で料理にも使えます!

と、いうことで、まずはレモンの砂糖漬けのレシピから

[材料]

  • レモン3個ほど
  • レモンと同量の砂糖
    (砂糖の種類はなんでも良いが、ビートグラニュー糖が使いやすいと思います)

[作り方]

  1. タッパーか瓶を用意する。
  2. レモンを1〜3mmにスライス。
  3. 用意したタッパーか瓶にレモンと砂糖を入れてしばらくおく。
    ※レモンのある季節だと、砂糖が溶けるまで常温でもOKです。
  4. 砂糖が全部、完全に溶けた頃(3日目くらい)、レモンをかじって皮ごと食べられる頃が完成です!

レモンを漬けるだけ、簡単!

あとは、レモンにも“味”があります。

育った環境で変化するので、苦味の強いもの、弱いもの、酸の強いものがあります。

やはり、まずは材料ありき!美味しいレモン選びが大事です!

さて、続いて、このレモン砂糖漬けを使った簡単レシピをご紹介します。

レモン保存食レシピ② レモン寿司

[材料(1人前)]

  • ご飯 … お茶碗1杯分
  • レモン砂糖漬け(刻んだもの) … 大さじ1
  • 酢 … 小さじ1
  • ちりめんじゃこ … 大さじ1
  • 塩 … 少々

[作り方]

  1. 材料と大きめのボールを用意する。
  2. 大きめのボールにご飯以外の材料を混ぜておく。
  3. そこに、あつあつのご飯を入れて、切るように混ぜる。
  4. 出来立てはべちゃっとするので、しばらく置いてから盛り付ける。

これも混ぜるだけ、簡単♪

老若男女問わずに喜んでいただけるレシピです。

レモンの葉が手に入れば、レモンの葉を2分ほど蒸して柔らかくしたもので包むと、見た目も香りも尚良くなります!

レモン保存食レシピ③ 塩レモン

一世を風靡?した塩レモン。

日本一のレモンの産地、生口島(瀬戸田)の農家さんもこぞって作られました。

が、「どうやって使うん〜!?」と、何人の方に聞かれたかわかりません!笑

私的には、ピュレ(もしくは細かく刻む)にしておいて、
下味や薬味のように使ってもらうのが一番だと思います。

まずは作り方

[材料(450mlビン)]

  • レモン … 2個
  • 塩 … レモンの重さの10%
  • レモン果汁 … 50ml(大体レモン2個分)

[作り方]

  1. レモンを1/4に切って、さらに縦にして5等分くらいにカット。
  2. 分量の塩と合わせる。ビンやタッパーに塩とレモンを入れて、蓋をして振ると混ざりやすい。
  3. 塩が馴染んであらかた溶けたら(1〜2日おいた頃)、レモン果汁をひたひたになるくらい入れる。
  4. 一週間くらいおいて、レモンがトロッとしてきたら使い頃!

色んな配合の塩レモンレシピはありますが、これがオススメ。

一番レモンの風味を生かした塩レモンです。

刻んだり、ピュレにしておくと使いやすいです。

冷蔵庫に入れておくと、一年くらいは保ちますが、早めの方がフレッシュでレモンらしい味わいです。

では、次に使い方。

塩レモンの使い方① 鶏モモの塩レモン焼き

[材料(2人前)]

  • 鶏モモ肉 … 1枚
  • 塩レモン(ピュレか刻んだもの) …小さじ1〜2

[作り方]

  1. 鶏モモ肉をひと口大に切る。(気になる方はお酒などで臭み取りしてね)
  2. ボールや袋で鶏肉と塩レモンをもみ込む。
  3. 30分くらい馴染ませたら魚焼きグリルで焼いて完成 。

焼き方ですが、フライパンでももちもんOK!

ですが、魚焼きグリルで焼くと、適度に脂が落ちて、香ばしく焼けるので、オススメです。

塩レモンの使い方② 塩レモン薬味

[使い方]

  • お鍋の時、取り分けようのお椀に薬味として塩レモンを溶かしながら食べる
  • フライにマヨネーズやソースの変わりにつけて食べる
  • オリーブオイルと混ぜてドレッシングに

基本、“塩”と思って、何にでも使ってみてください!

減塩効果もありとのことです^^

レモン保存食レシピ④ 酵素シロップ

少し上級者向け!?ですが、基本、砂糖漬けと変わりません。

発酵してる分、シロップの味に、独特の深みが生まれます。

常温保存可能なので、是非たっぷり作って、夏のドリンク用にしていただきたいです!

[材料(4L果実ビン)]

  • レモン … 3k
  • 上白糖又はグラニュー糖(甜菜糖がオススメ) … 3k
    ※レモン一個に対してだいたい砂糖1カップが1:1の目安です。

[作り方]

  1. レモンを柔らか目のタワシなどできれいに洗って拭いておく。
    ビンもきれいに洗って消毒などしておく。
  2. レモンを3〜5mmほどの輪切りにする。ヘタはいらない。
  3. ビンに、砂糖→レモンスライス→砂糖と適当に重ねてつめる。
    蓋はキッチンペーパなどでして置いておく。
  4. 2〜3日したら液があがってくるので、そこから毎日混ぜる。
    ビート糖は溶けにくく底にたまるのでしっかり混ぜる。
  5. 10日~2週間で瓶の淵にぽこぽこと泡が見え、耳を澄ませばしゅわしゅわ~という音が聞こえてくる。
  6. レモンを食べてみて、柔らかく美味しくなっていたらレモンとシロップに別ける。ザルなどで越してしばらく置いておく。
  7. できたシロップと水、炭酸で割ってレモンドリンクに!(7:3くらいかな)
    牛乳や豆乳で割っても美味しいです。
    焼酎+炭酸で割るとレモンチューハイ。

ずっとレモンをつけておくとカビの原因になるので、2週間くらいで上げて、
そのレモンをセミドライレモンにして置くと長く楽しめます!

レモン保存食レシピ⑤ セミドライレモン

[材料]

  • レモン酵素シロップの残りレモン … 好きなだけ

[作り方]

  1. レモン酵素シロップを作って、シロップをきったレモンを天板に並べる。
  2. レモンの厚さが1〜2mmほどの場合は100℃で、3mm以上の分厚い時は150〜180℃で
    裏表各15分ずつ30〜40分、オーブンで水分を飛ばす。
  3. 時間が来てもオーブンが冷めるまで、そのままにしておく。

3ヶ月ほどは保ちます!(多少色は変化しましすが)

常温保存もできるし、便利です。

適度な噛みごたえがあり、ドライブのお供に最適だと思います!

まとめ

このあたりをしっかり作っておくと、年中レモンを楽しめること、間違いなしです!

レモンの、色んな表情をしっかり楽しんでください〜〜!

ABOUT ME
ししガール
[名前]長光祥子(ししガール) [特徴]瀬戸田のハンターに憧れて、大阪からIターン。普段は猪ハンティング、磯遊び、山歩きなどを楽しむ2児の母。「美味しいものを食べ続けること」を目標に日々活動している。 当サイトのコミュニティー「美食倶楽部」の部長をつとめる。 [好きなこと]料理/食べること [経歴]大阪出身→立命館大卒→会社員→Iターン→ししガール&カフェ経営